ゆとりの逆襲

元アメブロの平成生まれジャンルでNo.1だった者が書く若造のブログ。基本的にゆとり世代の方を応援、笑ってもらえる、休憩時間の暇つぶしなどに利用してほしいと思います。そして、このブログを通して、ゆとりに対するイメージを変えていけたらと思い、再びブログの世界に戻ってきました。

面白い話シリーズ

爆笑!?人生で最も笑った話⑪

爆笑!?人生で最も笑った話⑪



挨拶
今朝、
自販機で缶コーヒー買ったら
「おはようございます。お仕事頑張ってください!」
って言われた。
おまえはハローワークの前に
設置されてるって事を自覚しろ! 



お客様の声
だいぶ前に某飲食店の「お客様の声」に、
駐車場を増やして欲しいです、と書いておいた。
後日その店を訪れると、
店のあった場所に広い駐車場ができていた。
空き地 



日本人wwww

Q.日本人は物事を白黒つけるのが下手だと思いますか? 

・思う 21% 
・思わない 7% 
・どちらともいえない 72% 


 

運動会

今日は息子の小学校の運動会を見に来ている。
今の時間は 1年生の徒競走が行われていて、
ショートカットの女の子が 先頭を走っている。
周りの声など聞こえない程に夢中になって走る姿は、
敵側の紅組なれど、一種の清々しさを感じた。
しかし、まずい。このままではあの女の子が先にゴールしてしまう。
後ろを走ってる俺の息子はどうした。
あ、なんか怒ってる。
そして…ついにあのショートカットの女の子がゴールのテープを切った!
かけっこ

もちろん判定は無効。
女の子は失格となった。
本当なら1等でテープを切れたはずの息子はプンプンだが、
まあ、人生そんなもんだ。





スーパー

親が経営するスーパーで嫌々レジをやってたとき

小学3年生ぐらい女の子が買いに来た 
レトルトカレーやご飯などを手に持っていたので

「親が作ってくれないのかな?」と思っていたら 

「今日はお母さんが熱で寝てるから・・・妹の分まで」
ということだった。

そして会計のときになったのだが親から貰ってきた千円札ではちょっと足りなかったようで 
「あ・・・ぁ・・・じゃあカレーは妹と半分ずつにするから1個返してきます」 

俺は自分の財布から小銭を足して
「いいよ千円で」と言った 。

恥ずかしそうに礼を言ってその子は帰っていった 

あれから随分とたった経営がうまくいかなくて
スーパーは潰れ代わりにコンビニができた 
俺がレジをしていると20歳ぐらいの子が話しかけてきた
「ここがスーパーだった頃レジやっていた人ですよね?」 
俺は彼女の顔を見てなんとなく思い出した
「・・・あぁもしかしてあのときの小学生?」 
彼女は静かにうなづき謝らないといけないことがあると言い出した 
「あのとき小銭も持っていたんだけど小遣いがほしくて千円札しか持ってないふりしてしまいました」と 
それを聞いてやっぱりあの子だと確信した
「べつにいいよ50円ぐらいだったし」と俺が言うと 
彼女は笑いながら
「優しい人でよかった」
と言うから
「いや俺は優しいんじゃなくて気が弱いんだよ」
と笑った 。

でも彼女は少なく払ったことを気にしていたようで
「840円だけど千円札で払いますお釣りは要りません」と 
俺の手をとって折りたたんだ千円札を握らせた。
「・・・ぁでもちゃんとレジ通してお釣り渡さないと・・・」
と言うと 

「悪いことしたとずっと思ってたんです・・・あなたの優しさに触れたらやっと謝る勇気が・・・受け取って下さい」
と言って去っていった 
ドアを出て行く彼女の後姿が 
小学3年生の頃に見えたと思ったら
偽札だった




母が凍りついた話

ドラえもん

「ドラえもんのび太の海底奇岩城」の感動的なラストシーンは、 
当時小学生だった頃から俺に解けない疑念を抱かせている。
 
男らしく戦ったジャイアンが敗れ、 
普段貧弱なスネ夫が健闘虚しく捕まり、 
射撃の腕で敵を畏怖させたのび太もついに倒れ、 
捕まったしずかを助け出せるのはドラえもんだけだった。 
そのドラえもんも、ポセイドンを前にして力尽きてしまう。 
ドラえもん3

「もう駄目か…」 
しかしその時、しずかの涙がバギーを呼び起こす!! 
ドラえもん2
バギーは特攻し、その命と引き替えにポセイドンに引導を渡した… 
その後、ついに平和を勝ち取った海底市民たちが開いた戦勝パレードで、 
のび太はしずかが手に持つちいさなネジに気づく。 
のび太がたずねると、しずかは涙を隠さずに答えた。 

「バギーちゃんよ」 

その時である。 
俺は、俺の幼稚さは、見る者の涙を誘う、一番感動的なシーンを完全に破壊してしまった。 

「あれ、ポセイドンのじゃね?」 

涙を流していた母親の横顔が凍り付いたのが、今でも忘れられない
 




コンニチワ

学生のころマックでアルバイトしてたときの事。 


わたしはドライブスルー担当で、その日は日曜。 
次から次へとやってくる客の対応に追われ、目の回る忙しさだった。 

あまりの忙しさにあせってしまって、 
「いらっしゃいませコンニチハ。マイクに向かってご注文をどうぞ!」 
って言うとこを、 
「いらっしゃいませコンニチハ。マイクに向かってコンニチハ!!」 

全身から汗がふきでたよ。 
モニターの向こうのドライバーも、 
「こ、こんにちは…」 とか言ってるし… 






返却日

俺もAVを一度に三本借りた時は恥ずかしかった 

店員「返却はいつになさいますか?」 
俺「当日で」 
店員「はい、当日ですね… 当日!?と、当日ですか?」 


店員が一瞬素になってた 





面白い話シリーズまとめ

人生で最も笑った話シリーズまとめ

http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787337.html


続きを読む

人生で最も笑った話シリーズまとめ

人生で最も笑った話シリーズまとめ

179715


シリーズリンクまとめ


爆笑!?人生で最も笑った話➀
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2746475.html



爆笑!?人生で最も笑った話②
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2786716.html


爆笑!?人生で最も笑った話③
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787075.html


爆笑!?人生で最も笑った話④
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787075.html


爆笑!?人生で最も笑った話⑤
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787075.html


爆笑!?人生で最も笑った話⑥
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787075.html


爆笑!?人生で最も笑った話⑦
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787075.html


爆笑!?人生で最も笑った話⑧
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787075.html


爆笑!?人生で最も笑った話⑨
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787075.html


爆笑!?人生で最も笑った話⑩
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2817620.html


爆笑!?人生で最も笑った話⑪
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2830336.html



究極の超アホ!?中二病の僕がヤクザを銃で撃ったwwww
無題1
http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/3002311.html

続きを読む

必見!?失敗しない自己紹介。ボケる自己紹介など

自己紹介で失敗しない


自己紹介って最初の第一印象を決めるのに大切ですよね。

今回は、おすすめな自己紹介を紹介します。



自己紹介

o0300040112756093451

これは、ネットですが、こういう限られた文字数で~としっかりフリをつけて、しっかりいいところでオチですね。上手いやり方です。


自虐ネタ系

えーではこれから自己紹介させていただきます。 えーと、あの。・・・・緊張しすぎて自己崩壊しそうです 。
hamigaki_boy


②一番前の人に名刺を渡して名前を読んで下さいと言う 。
okayama-u_TYPE1-600

「○○ ○○…?」
「ハイ!!元気です!! …このように私は元気だけが取り柄ですがよろしくお願いします」


不思議系

①趣味は盆栽です。
尊敬する電車は地下鉄銀座線です。 延々と地下を走って、終点間際で一気にビルの3階まで駆け登るあの根性が好きです。 僕も、銀座線のように生きたいと思います。



②初めまして、○○です。趣味は笛を吹くことで、笛なら一日中吹いてても飽きません 。
131011ksmf



③Nice to meet you. My name is Taro. I'm verry happy because my name is Taro. It will rain tomorrow. Your very smelly.I am I.My favorite sports is swimming in the sky. My father was dead from wind blows.
Thank you.
えー能書きはこれぐらいにして、たった今当社に馳せ参じました、レオナルドです。趣味は園芸です。以下同文。



おもいっきりボケる

①こんにちは、速水もっこりです。


②初めまして、昭和初期のゴリラです
131011ksmf


③はじめまして、○○です。 趣味は音楽カンショウ(裏声)です。



④初めまして、私は名乗る程の者じゃないです



⑤「はじめまして、ジョニーデップ(最近話題のハリウッド男優)です。」
ジョニーデップ


⑤ど、どうもはじべましで! 緊張して噛んじゃった・・・・テヘッ


⑤はじめまして鈴木一郎です。 
似ている芸能人はヅラ装着後の温水洋一とよくいわれます。キムタクってよんでください


無茶ぶり

はじめまして、○○です。お願いします。 ~~~~~~~ 。あ、僕の次の人が凄い面白い自己紹介するらしいので是非ご静聴願います










続きを読む

爆笑!?人生で最も笑った話⑩

爆笑!?人生で最も笑った話⑩



眠りの小五郎
俺が厨房のときすごい怖い先生がいてさ 
俺のクラスの授業中に男子が二人でしゃべってたわけ、
いわゆる私語ってやつだ 
んで先生がキレて、特にうるさかった一人を立たせて、
いきなり胸ぐら掴んで投げ飛ばしたわけ 
そりゃもう全員ビビった 
椅子が並んでるところに思いっきり投げ飛ばされたもんだから
ガシャーンってなって椅子がソイツにあたってはじけとんだ 

そしたらソイツが投げ飛ばされた反動で
吹っ飛んだ椅子にタイミングよく座ったんだよwww 

んでそれからも椅子に座って俯きながら怒鳴られてたwwww 
アイツは真剣だったろうけど、
俺は友達数人でずっと笑いこらえてたwww 

それっからソイツのあだ名

「眠りの小五郎」になったwwww

バーローwwww

眠りの小五郎



同級生にいたずら
中2の時にジャージのズボンをおろすのが流行ってて 、
男友達だと思ってズボンおろしたらそれが女子でしかも、
パンツまで一緒におろしてしまっていた。

テニス部男子女子入り混じる中で、 女子は速攻転校。
俺は警察まで呼ばれて精神鑑定、 学校にいれなくなった。
そして、転校したら転校先にパンツまで下げてしまった女子がいた。




メンジャー

俺が小5のときに誤って
水道の蛇口に口を直接付けて飲んでしまい、

その蛇口はそれ以降
「メンジャー」と呼ばれ、
(あだ名がブタメンだった俺が口付けて飲んだ蛇口→メン蛇→メンジャー)

そこを使用すると

「うわっそこメンジャーだそ!キッタネー!」

と言われる風習ができた

あれから9年経った。
俺は近所を歩いてると
すれ違った小学生の会話が聞こえた。

「今日ユウタがメンジャーで水飲んでたじゃん?あんときさぁ」

おい受け継がれ過ぎだろ ・・・


 


ガム踏んでしまった

飯食いにファミレス言ったんだけど、

注文聞きに来た店員がものすごい噛んでる

「ちょ、注文をお聞きます」とか
「はい、かしこまりましゅた」とか。

別に新人な訳でも無さそうで、
本当普通の当然の顔して噛むの。
笑っちゃいけない、
と思ってなんとか家族の不幸とか考えて笑いを堪えてたんだ

それで俺が頼んだのが
「チキンメキシカンピラフ」
とか言うメニューで結構美味そうなメニュー。
わくわくで待ってたらさっきの店員が持ってきたのね、

ピラフを。ゆっくりと。
その時点で込み上げてくる笑い、動揺。

「お待たせいたした!」
と、まさかのハイトーンで盛大な噛みっぷり。

自分の鍵でおもいっきり太ももを突いて笑いを誤魔化して真顔で対応。

「こちらがティキンメキシコチラフになります!」

俺は口からドリンクをぶちまけ、おしぼりで顔を拭きながら
「そこおいといてください…」
と肩をビクビクさせ泣き笑いのような形で対応した

チラフは美味かった。 






求める3高

私は3高じゃない男なんてお断りよ!

高身長、高学歴、高見盛、
これだけは譲りたくない。

※高見盛さん
高見盛2 




中学の黒歴史

中学の頃、教師からの評価を良くしたかったのと、

ケミカルな雰囲気が格好いいと思い込んで理科室の手伝いを良くしていた。(といってもゴム栓に穴をあけたり、ビーカーを掃除したりする程度) 

でも当時の俺は、自分がだんだん子供ながら天才的な化学の知識を持つすごい奴だと勘違いし始め、ある日友人を無理やり誘って理科室に忍び込んだ。 

そこで適当な物質(っつっても多分ふっとう石とか)を指で触りながら 
「へえ…○○先生もなかなか良い物を仕入れて来るんだな。」 
とか言ってたり、 

適当な薬品の入った瓶を傾けて 
「ははっ。ちょっと調合の具合がおかしいかな。ま、授業用には十分か。」 
とかほざいてた。 

友人は当然ハァ?って感じ。 

それでも俺はおかまいなしに
「ふん。」とか「ははっ!」とかやってた。 
そんで一番奥の戸棚を開けて急に表情を変え、
「!!これは!○○先生!いったい…!なんて物を!何をしようとしてるんだ!」 
って言ってみせた。

友人も驚いて
「それそんなヤバイの?」って聞いてきた。 

俺は
「こんなの黒の教科書の挿絵でしかみたことないぜ…!それなら、もしかしてこっちの瓶は!?」って別の瓶を手に取って嗅いだ。
 アンモニア

そしたら、それはなんか刺激臭を発する化学物質だったらしく、(手であおいで嗅がなきゃいけない奴)直嗅ぎした俺は 

「エンッ!!!」って叫んで鼻血を勢いよく噴出しながら倒れ、
友人に保健室に運ばれた。 

俺は助かったが、どうやら俺の友人が変な勘違いをしたらしく、 
「××(俺の名前)は黒の教科書に乗ってる毒物に感染したんです!!」
ってふれまわっていた。 

それ以来俺のあだ名は毒物くんになった
当然もう理科室に行く事は無くなった。 





対策教えて

ヤバいヤバい
さっき松岡修造が高速道路をハンドルだけ持って走ってた

179715

 



対向車と鉢合わせ

今日の昼下がり、

黒い対向車とすれ違うのが難しい狭い道路での出来事。
状況↓対向車と鉢合わせ
_______/ ̄\____
●→  ←俺
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そこで俺のほうが待避所に近い所にあるし、
とりあえずバックして
↓の図のように待つことに。
_______/ ̄\____
  ●→         俺
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これで対向車は待避所に入り、
すれ違う事が可能になるはずだった…


_______/ ̄\____
            ● 俺
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ↑馬鹿かこいつは。





営業車で上司ひいたww

なんか上司が手振ってるから

車で近づいたら轢いちまった 

179715

上司は笑って許してくれたけど上司の奥さんがマジギレ
稼ぎ頭がいなくなるどうのこうの言ってた 



母からのメール
こないだ仕事帰りの俺に母からメールが来た 
母「夕飯何がいい?」 

ワイ「冷やし中華」 
母「えー めんどくさい」 

ワイ「 じゃぁ麻婆豆腐 」
母「えー めんどくさい」 

ワイ「チャーハン 」
母「えー めんどくさい」  

ワイ「そうめん」 
母「えー めんどくさい」 

ワイ「じゃあ何でもいいよ!」 

母「なんでもいいよって言うのが一番困るの!!!」


ワイ「」




面白い話シリーズまとめ

人生で最も笑った話シリーズまとめ

http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787337.html


続きを読む

爆笑!?人生で最も笑った話⑨

爆笑!?人生で最も笑った話⑨



いらっしゃいませー!

むしゃくしゃした日はブックオフに行く 
そして本棚の陰に隠れてでかい声で


「いらっしゃいませー!!」

と叫ぶと、 
フロアにいる店員が一斉に

「いらっしゃいませー!」
とつられて言う。
これを2、3回繰り返し、
気が済んだとこで店を出る。



ホームレスのおっちゃん
ベンチでうな垂れて座ってたら、横にホームレスが座ってきて


「にいちゃん、アンパン食うかって」
hamigaki_boy

って言って、アンパンをくれた。

落ち込んでた俺は自分も厳しい状況の中、
俺を心配してくれて、アンパンをくれたホームレスのおっちゃんに感謝した。

おっちゃんはちょっと臭ったけど、
の話を真剣に聞いてくれて、
自分も色々あってこんなだけど、
どんな時だって前を向いてしっかり歩けと励ましてくれた。
たまにはこうやって休む事も必要だから
無理はするなとも言ってくれた、嬉しかった。

俺はひとしきり愚痴をおっちゃんにぶちまけて、
キモチが少しだけ楽になった気がした。
おっちゃんにお礼を言って、
横にあったゴミ箱にアンパンを投げ捨てた
あの時のおっちゃんの顔が今でも忘れられない。







万引きで捕まった

俺が小学校5年の頃、学校の近くのスーパーで万引きで捕まった。 

すぐさま担任の女教師(43)、
通称ヌーバ(ぬぅっと教室に入ってくるから)が飛んできた。 まず俺にビンタを一発、涙目になる俺、よく見るとヌーバも泣きかけていた。 


「人の物を盗るのは最低の行為、これ(商品)を盗むことでどれだけの人が悲しむかわかっているのか」 

「その菓子を食えば無くなる、だが盗んだという事実は一生消えない」 

等々、一時間ほど延々と説教された。 
店の人がもういいですよ、と言っても説教は続き、夜7時過ぎにようやく先生と店を出た(店の人の温情査定で親は呼ばれなかった) 

お腹空いてるだろう、と駅前ラーメン屋へ行き、タンメンとギョーザをおごってくれた。 口をあけるたびにビンタされたほっぺたが傷んだが、ラーメンはうまかった。 


車で家まで送ってもらい
今日のことは親には言っても言わなくてもいい、自分が何をしたかよく見返すように」と言い、先生は去って行った。 

俺の人生でベスト5に入るエピソードだった。 

問題は俺が
冤罪だったということである。 




 


ガム踏んでしまった

電車に乗り遅れそうなので、ダッシュしていると 
駅のホームでガムを踏んでしまった。
 
「うおー(泣)」
と思いながらも、電車が来てしまっているので 
クツの裏を地面になすりつけながら、
すごい変な歩きで電車に乗り込む僕。 

その時、突然譲られる優先席!!! (足の悪い方と間違えられたらしい) 
とりあえず、座ってしまいました。 

あの場にいたみなさん、
マジですいませんでした。 
僕、ガム踏んでただけです。 



しんぽさん

高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンなアメリカ人教師が来た。
金髪先生
授業は一人一人アメリカ人先生に名前を呼ばれ、前に出てマンツーマンで話をするっていう形式。先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡していた。 

 
授業は順調に進み、結構人気のあった女子の
「新保(しんぽ)さん」の番になった。
しんぽさん
先生はそれまでやってきたように大きな声で彼女の名前を呼んだ。 

「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・ちんぽ!ちんぽサン!」 

生徒たちは一瞬凍りついた。

これは笑ってはいけない。 

でも、多分「シンポ」と言っているんだろうけど、どう聞いても日本語の「ちんぽ」だったし、「それまで片言だったのに、なぜよりによって「ちんぽ」の発音だけがこんなにもネイティブ?」とか「ちんぽ」に敬称を付けているとか考えだすとみんな耐えられなくなった。 

結局、新保さん以外の全員が爆笑。
新保さんは顔を真っ赤にしてうつむいていた。 

その様子を見ていたアメリカ人先生は状況が飲み込ていないようだが、
生徒の一人がみんなの笑いものになっている状況だけは理解できたのだろう。 


突然般若のような顔になり、その爆笑をかき消すかのような大声で
「シャァァラッップッ!!」
と全員を一喝した。 その表情とテンションの凄さに、教室は水を打ったように静まり返った。しかし先生の怒りのボルテージは上がったまま。 


先生は新保さんの肩に手を置くと
「ナンデ?ナンデミンナちんぽをワラウ?ちんぽガナニカシタ?」 

その後、慰めようとしたのか、先生は優しい口調で、
うつむいて座っている彼女に語りかけた。 

「ちんぽゲンキダシテ。マエニキテクダサイ。ちんぽスタンドアップ!」 

新保さんも笑った。




初めての美容室

今日、初めて、美容院行ったので報告。 
まず、カウンター素通りして席に座ろうとして呼び止められる。 

店員に、ご予約のほうは?」と聞かれて
「してませんすみません」と謝り、帰ろうとして呼び止められた。少し待ってと言われ、しばらくして切ってもらえることになった。

「本日はどのように?」
と言われ、俺は軽くキョドった挙句
「散髪で」と答えた。

店員「ん???」と反応される。


話は変わり、料金の説明をされ、
慌てて財布を出したら
「お帰りの際で結構です」 と言われる。

「お荷物お預かりします」

と言われ、また財布を出そうとしてやんわり断られる 。

次に、適当に手を伸ばした雑誌がCawaii!(女性ファッション誌)。 
cawaii


女性ファッション誌と知らずに、読んでいたら店員に
「よろしければこちらも」と男性向けファッション誌を薦められる 

それ以降の記憶がない




対策教えて

(質問)
駅のトイレで大をした後に髪がないのに気づいた時の対処法ある?
今日は、街中でポケットティッシュ配ってくた人ホントありがと助かりました。


(みんなの回答)
・トイレでいきなり禿げたら流石に対処出来ないね

・すごい病気ですね。排便脱毛症ですか?

・タイトルだけで呼吸困難起こすかと思ったww

 



人とのふれあい

会社の人とのふれあいがどうとかいう話になり・・・

Aさん
「そういうのすごくよくわかる!寂しい一人暮らしだと、会社や家族以外の人とのふれあいが結構うれしかったりするんだよね。俺の場合は、その日一日は本当ついていなくて、会社で他人のミスが自分に、降りかかってきて上司にめちゃくちゃ怒られるわ。ありえない量のサービス残業押し付けられてもうさんざんな状態で、帰るころには夜12時を回ってた......
こういうときは気分転換にいつもと違ったルートで帰るといいと思って、寄り道がてら見知らぬラーメン屋に立ち入ったら、そこで偶然中学のときのクラスメート数人とばったり出会ったのよ。
特に盛り上がった会話はしなかったけど、一人暮らしの寂しい俺にとって、こういう偶然の旧友との出会いって、なんか元気でるんだよね。おかげでどん底から抜け出せたよ。」

Bさん「ちなみにだけど、ラーメン屋にクラスメート数人って、何人くらいいたの?」


Aさん「よくよく思い出してみると、結構な人数いたかも。女子とかも、こんな子そういえばいたなーって子もいたな。懐かしかった」


Bさん「それ、たぶん同窓会」

Aさん「ありがとう。今週中に死ぬ」




毎日ランニングしてた結果

最近、運動不足もあって、高校時代よりも明らかに体がプヨプヨしはじめた。 だから近所をランニングすることにした。

夕方に近所を5キロほどランニングしていたんだが、たまに下校中の中高生に会うことがあった。

中高生は、俺が後ろから走ってくるのを足音で察知すると、大抵自転車を漕ぐスピードが速くなるんだ 。中学生は俺から逃げるように自転車を走らせる 。それが俺にとっては毎回ちょっと気に障ったんだよね

そこで俺はあるルールを設定した

 「ランニングの最中に目の前に人がいたらダッシュで追い越す」

というルールだ 。
これで帰宅中の中学生をダッシュで追い抜くことにしたんだ。


最初は、無理だったんだが、たまに、追い抜くこともできるようになった。日頃のランニングの成果からか自分の体力が戻っていることを実感したよ。


そして数日後、家に回覧板が回ってきた
親が回覧板を見て
 「あんた、最近ここら辺で不審者が出たらしいよ。近所走るの控えたら?」と言っていた。
 
物騒な世の中だな~・・・と思って俺も回覧板を確認すると

『重要事項』 
近頃、町内で不審者が度々目撃されております。 夕方から夜にかけて帰宅途中の中高生が不審な男性に走って追い掛け回される嫌がらせにあったそうです。男性の特徴は身長170センチ程度の細身でジャージの半ズボンにタンクトップを着て懐中電灯を持参していたそうです 町内に住んでいる方は充分注意してください。
 

・・あれ?これ俺じゃね??
 


ナンパ
以前妹がナンパされたらしいんだけど
男「お嬢さん、落とし物です」

妹「え?」

男「僕との出会いを落としましたよ」

妹「あっ私のじゃないですー」
ってことがあったらしい。








面白い話シリーズまとめ

人生で最も笑った話シリーズまとめ

http://yutorinogyakusyuu.ldblog.jp/archives/2787337.html


続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
アーカイブ
  • ライブドアブログ