明日があるさの秘密



Re:Japanの「明日があるさ」

明日があるさ

ちょうど私の世代の曲で、かなり流行りました!
この曲を元に、ドラマや映画が作られるほど、流行りました。
紅白にも出場しました!


今、思うとめちゃくちゃ豪華なメンバーとなっています。
ダウンタウン (浜田雅功、松本人志)
ココリコ(遠藤章造、田中直樹)
間寛平
藤井隆
ロンドンブーツ1号2号(田村淳、田村亮)
山田花子
東野幸治
花紀京



個人的に、この曲の最後の歌詞がすごく好きでした。

明日(あした)があるさ
明日(あす)がある
若い僕には、夢がある
いつかはきっと いつかはきっと
わかってくれるだろう
明日がある 明日がある
明日があるさ




原曲は坂本九

元の原曲は、1963年12月1日に発売された坂本九のシングルです。
ウルフルズとRe:Japanでカバーされ、CD発売されました。

坂本九さん
世界的に有名な日本を代表する歌手
最後は、飛行機事故で亡くなった話は有名ですね。
坂本九




この曲の想いとは?

この曲が作られたのは、戦後の日本です。
戦後の日本

ちょうど復興を目指して、頑張っていたときです。
1964年東京五輪の前ですね。



戦後の焼け野原から、明るい明日を目指して、奮闘する日本人を元気づけるために、作られました。昨日(過去)は、焼け野原なので、明日(未来)を目指すしかない。
戦後 焼け野原


「明日(未来)に希望を抱き、明日を求めた日本人の気持ちを歌った曲」


その明日を求めた人たちのおかげで、今の日本があるわけです。
今や、大国に成長しました。
日本


そして、2020年東京オリンピックです。
東京オリンピック



これからの日本を作っていくのは、若い私達”ゆとり”です。

若い私達”ゆとり”にも可能性がある!

戦後の日本人たちが必死に作ってくれた明日を無駄にしてはいけないです。明日(未来)に向けて、頑張ろう。